スマートホームとは?IoTやAIで実現する未来の住まいについて

スマートホームとは?IoTやAIで実現する未来の住まいについて

スマートホームという言葉を聞いたことがあるでしょうか。スマートホーム化された家では住宅内に設置された様々なセンサーや家電などがネットワークで結ばれ、私たちの暮らしをより「安全・快適・健康・便利」にしてくれます。

不動産投資においても、最近スマートホームは話題となっています。

スマートホーム化された物件は魅力があってアピール度が高くなり、同条件の物件よりも高い家賃設定や高い入居率が期待できます。 今回は、そんなスマートホームについて詳しくご紹介していきます。

スマートホームとは?

スマートホームとは、「IoT(もののインターネット)」や「AI(人工知能)」といった最先端のテクノロジーを利用し、より快適で安全な暮らしが実現できるような住宅のことです。スマートフォンや様々なセンサー、音声コントロール、GPSなどを利用し、家電をインターネット上に繋げて使えるようにすることで実現します。

スマートホームは主に「デバイス」と「管理システム」から成り立っています。

デバイスはスマートフォンから遠隔で操作可能なエアコンや電子レンジといった家電製品などの様々な機器が該当し、管理システムにはそのようなデバイスをコントロールする司令塔としての機能があります。

スマートホームの具体例

スマートスピーカー

スマートスピーカーはここ数年で利用が拡大しており、代表的なデバイスには「Google Home」や「Amazon Echo」などがあります。スマートスピーカーとは音声操作が可能な対話型のAIアシスタント機能を持つスピーカーのことです。スマートスピーカー対応型のスマート家電やデバイスなら、話しかけるだけで家電を操作することができます。例えば、スマートスピーカー対応のテレビなら自分が命令すれば電源のオンオフやチャンネルの切り替えが可能です。身体の不自由な方や高齢の方でもリモコン不要で自分の声だけで操作でき、生活の利便性は格段に向上します。

IoT化された照明器具

照明器具もIoT化されるとスマートフォンで外出先からの電源オンオフが可能になるだけでなく、様々な機能が追加されます。例えば、日没後に室内が暗くなるとセンサーが感知して自動的に照明の電源が入ります。特に家族全員が留守にしているような家庭では、夜になると自動で照明がつくのであたかも住人がいるように見え、防犯上の高い効果が期待できます。その他にも学習機能のあるAIが内蔵されていることによって、時間帯で照明の明るさが自動調整されます。例えば、夕食時には料理の見栄えがよくなるように明るくしたり、就寝前のくつろぎの時間帯には照明の明るさを抑えたりすることが可能です。

IoT化されたカーテン

カーテンをAIや光を感知するセンサーによってIoT化(スマート化)すると生活がとても便利になります。IoTされたカーテンを使えば、朝になると自動でカーテンが開き、太陽の光を室内に取り込んでくれます。また、日没後の暗くなる時間帯には自動でカーテンを閉めてくれる機能もあります。これによって、規則正しい生活をサポートし、睡眠の質を上げることに繋がります。

スマートロック

スマートロックとは、スマートフォンなどで外出先などから鍵の開閉を操作したり、スマートフォンを身につけた状態で家の玄関に近づくと自動で開錠してくれる鍵のことです。例えば、買い物の帰りに重い荷物を両手で持っているために鍵を取り出すのが困難な場合に、カバンの奥に入った鍵を取り出さなくてもスマートフォンがあれば自動で開錠してくれるためとても便利です。

IoT化されたエアコン

外出先から帰宅した時に室内が暑くて不快だったり、凍えるように寒いといったことを避けるため、エアコンもIoT化することが可能です。IoT化されたエアコンであれば、電源のオンオフや室内の温度設定をスマートフォンで外から管理することができます。また、室温が快適に保たれるように温度の上がりすぎや下がりすぎを通知するモニタリング機能や、電力消費が急激に上がる場合には節電モードにしてくれる機能を持たせたものもあります。従来からエアコンの電源のオンオフは外出先からでも指示できるものはありましたが、指示通りに動いているかの確認や、節電を意識した動きを自動的に行ってくれるのがIoT化の特徴です。これらの機能のおかげで、高齢者やペットなどのいる家では熱中症にならないようにエアコンの稼働状況が適切かを管理できるようになっています。

家をスマートホームにするメリット

次にスマート家電やデバイスによって住居をスマートホーム化するメリットをまとめてみました。

利便性の向上

スマートホーム化された家なら、慌てて外出した際に照明やテレビの消し忘れがあっても外出先から電源を操作することができ、また、帰宅が遅くなっても照明がついていて、カーテンも閉まっているという状態にしておくことが可能です。出かける際はスマートロックが自動施錠、帰りも自動で開錠してくれるため、鍵の持ち歩きも不要になります。

様々なライフスタイルやニーズにマッチした暮らしの実現

スマート家電やデバイスには実に様々な種類や用途があり、生活のニーズに合わせて選ぶことができます。そのようなスマート家電やデバイスを住宅に設置してスマートホーム化することで、単身者だけでなく、子育て世代や共働き夫婦、高齢者など異なるライフスタイルに合った暮らしを実現することが可能です。

高い入居率と家賃設定

スマートホーム化された家は自宅だけでなく、賃貸物件においてもメリットがあり、入居率の高さや家賃設定に有利に働きます。特に1人で賃貸暮らしをする女性にとって、安全で安心感の高いスマートホームには人気が集まります。

まとめ

今回はスマートホーム化された未来の住まいについてお伝えしてきました。昨今では家電製品の多くがIoT化されており、スマートホーム化が実現しやすい状況となっています。 弊社でも昨年IoTアパートを開発しましたが、 スマートホームならこれまで考えられなかったような便利で快適な暮らしが実現できることを実感しました。 今後、スマートホーム化がスタンダードとなる時代もそう遠くないのかもしれません。 関連商品も多数発売されていますので、ご関心を持たれた方は、ご自宅や賃貸物件で取り入れてみてはいかがでしょうか。


コラムカテゴリの最新記事