放置された空き家がボロボロな理由

放置された空き家がボロボロな理由

最近は都心でも見かけるようになってきた空き家。その多くは一見して空き家だなとわかる佇まいをしています。中を見てみると畳は抜け落ち柱は腐り・・・なんてこともしばしば。

一般的に建物は住んでいないと劣化が早く進むといわれています。外観はメンテナンスがされなければ劣化が早く進むのは当然だと思うのですが、人が使わないのに内部の劣化が早く進む理由はなぜなのかを調べてみました。

■空き家の劣化が進む理由

理由1:換気が行われない

住人がいる家は扉や窓の開閉、換気扇等によりある程度換気や空気の流れが発生しますが、放置された空き家では建物内の空気は滞留し続けます。夏季、特に梅雨の時期は湿度が高くなりますが、湿度が高くなるとカビが発生しやすくなります。カビと湿気は木材を腐食させる原因になりますので、空き家の室内は劣化が進みやすくなるのです。

理由2:清掃が行われない

これも、住人がいれば家の掃除が行われるので問題ないのですが、放置された空き家は掃除をする人がいないためチリ・ホコリ・カビなどがたまっていきます。チリやホコリが溜まると虫が発生する原因となり、その虫を目当てに侵入してくる害虫・害獣などが住み着くようになると、それらの糞尿や死骸なども汚損の要因となります。

理由3:手入れがされない

雨漏りや床下点検、自然災害による破損の修繕など、住人がいればすぐに対処できることも、空き家の場合は手入れがされず壊れたまま放置されます。家屋の破損による風雨の侵入は建物の劣化速度を速めます。

以上が空き家の劣化が早く進む原因と言われているものになります。空き家のメンテナンスでお悩みの方は参考にしてみてください。

ちなみに、私がこれまでに見た空き家の中で一番衝撃的だったのは、屋根から2階の床、1階の床まで貫通して穴が開いた状態になっていた古屋です。畳は腐り内装はボロボロ、まさに放置された空き家はとことん劣化するんだなというのを実感した物件でした。(※写真はイメージです)

■まとめ

放置空き家は深刻な社会問題です。維持管理は必要ですが手間もかかりますし、放置をすれば劣化してしまい倒壊や放火等の問題に繋がる可能性もあります。

自分で管理をするのが難しいという方には空き家管理を代行するサービスも増えているので利用を検討されるのも一つの方法です。また、空き家の売却を考えている方については放置期間が長ければ長いほど劣化は進みメンテナンスコストも多くかかりますので、売却するのであれば早めに判断してしまった方が良いでしょう。保存状態が良好であれば高く売れる可能性もありますし、空き家は今後も増え続ければ供給過多で買い手が付きにくくなる可能性もあります。

当グループでも空き家対策の無料相談を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

【お問合せ先】
土地の仕入れから設計、建築、販売、管理まですべて
一貫して手がける不動産ソリューショナー
アイディ株式会社
TEL : 03-5767-0121
http://www.ikd-k.co.jp/company/outline.html

コラムカテゴリの最新記事