【セミナー】不動産小口化商品で始める相続税対策~スマートな相続準備~

【セミナー】不動産小口化商品で始める相続税対策~スマートな相続準備~

◎不動産の小口化商品をご存知でしょうか?

1棟ものの不動産を数万~数百万円の小口に分けて販売している商品のことで、

自分の資金に合わせて必要な分だけ不動産を購入することができる、

新しいスタイルの不動産投資商品となっています。

◎不動産を保有して財産価値を下げる!

相続税対策として不動産を用いる手法は広く認知されるようになってきましたが、

不動産を相続財産とする場合、いくつかのデメリットも存在します。

例えば相続人が複数いる場合、

物件が複数あっても立地や築年数等の資産価値の違いにより

平等に相続させるのは非常に困難です。

物件を持ち分に分けて共有にするやり方もありますが、

将来の売却時にトラブルになることが多いためお勧めはできません。

◎相続税の圧縮効果+スマートな相続が実現可能

1棟ものの不動産相続によるデメリットは解消しつつ、

相続税の圧縮効果は受けられる商品が今話題の「不動産小口化商品」です。

小口化商品では自分が購入したい分だけ不動産を購入することができるため

例えば相続人が2人いるとした場合、10口分の不動産を購入することで

5口ずつ平等に相続をさせることが可能となります。

小口持分とは言えど不動産を所有していることには変わりないため

相続税の評価額は土地と建物の評価額になりますし、

様々な評価減の特例(貸家評価、貸家建付地評価、小規模宅地等の特例など)も受けられます。

この機会に、不動産小口化商品を用いた相続税対策について学んでみませんか?

お気軽にご参加お待ちしております。

 

参加申し込みはこちら↓↓↓

楽待セミナー(外部サイト)からお願いいたします。

セミナーカテゴリの最新記事