外国人観光客に人気の「河口湖」が民泊不動産投資にオススメな理由

作成日:2019.09.19

投資をする人しない人

観光スポットとしての河口湖の特徴

「河口湖」といえば、真っ先に思い浮かぶのが「富士山」という方は多いのではないでしょうか?
外国人に日本の象徴をたずねると「フジサン・テンプラ・ゲイシャ」といまだに言われるほど、富士山は世界的にも有名な日本の名所です。

ここでは、その富士山を望む「河口湖」の魅力と、そこで民泊をするメリットについてお話ししましょう。

河口湖の特徴

山梨県の南部に位置する河口湖は、富士山のほとりにある5つの湖「富士五湖」のひとつ。世界遺産にも登録されており、富士山を望む雄大な景色や多くの温泉施設など様々な見どころのある古くから有名な観光スポットです。
春は桜と富士山、夏は青い空と緑の映える富士山、秋は紅葉、そして冬には、雪の白富士。
どの季節に行っても富士山をバックに絶景の写真が撮れることが、訪日外国人にとっての何よりの魅力なのでしょう。

眺望を楽しむだけではありません。河口湖では、季節ごとに様々なイベントが催されています。
6月中旬から7月中旬に開催される「河口湖ハーブフェスティバル」河口湖畔一面に香りたつラベンダー畑を背景に食事やイベントも楽しめます。
8月初旬の2日間に渡り開催される「河口湖湖上祭」は、富士五湖花火大会のフィナーレを飾る最大規模の花火大会です。
秋には富士河口湖町のもみじ街道周辺で「富士河口湖紅葉まつり」を開催、富士山を背景に色鮮やかな紅葉の幽玄な景色が堪能できます。約60本のもみじが並ぶ「もみじ回廊」は、夜のライトアップも楽しめます。

河口湖の顕著なインバウンド需要

河口湖周辺の魅力

日本人観光客はもとより訪日外国人観光客も数多く訪れる河口湖周辺には、富士山の絶景が眺望できるスポットが多数あり、周辺には大石公園、オルゴール館、日帰り温泉など家族連れでも一人旅でも一日中楽しめます。
有名旅行サイトの外国人に人気の日本の観光スポットとしてたびたびランクアップされるほど、国内外問わず高い人気を集めているインバウンド需要の大きい観光地です。

訪日外国人が河口湖を訪れる目的は、なんといっても「富士山」。
富士山と周辺の自然が調和した絵のように美しい写真を撮るのが、外国人の間ではとても人気なのです。

以前は東京・大阪など主要都市に多かった訪日外国人観光客も、最近では地方への関心が高まっています。河口湖周辺も例外ではなく、ここ数年のインバウンド需要の拡大を受け、ホテルや民泊施設が急増しています。

進む外国人への対応

河口湖の公式ウェブサイトは日本語だけでなく、インバウンド向けに英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)の5言語に対応し、「知る」「泊まる」「体験する」「食べる」「見る」「買う」などアクティビティに併せて河口湖に関する情報を配信しています。
多言語で海外向けに情報を直接配信することで、より多くの外国人に河口湖の魅力をアピールできるようになりました。

また近年、マレーシアやインドネシアなどイスラム教徒の多い国からの訪日観光客の急増を受けて、豚肉やアルコール提供がなく女性従業員がヒジャブやスカーフを着用するなどイスラム教のきまりに則った運営がなされているホテルがオープン。
また富士山国際観光協会が「ムスリム対応和食のご紹介」と題したパンフレットを作成するなど、イスラム教徒への対応を進め、積極的な集客に乗り出しています。

アクセスが便利

山梨県南部の河口湖は、成田・羽田などの空港や都心からはかなり距離がありますが、東京駅や新宿・品川から片道2千円程度で利用できる直通高速バスが毎日運行されているうえ、JRを利用して行くことも可能です。
訪日外国人を対象に、JR各社の鉄道・路線バスが乗り降り自由で利用できる特別企画乗車券「ジャパン・レール・パス(JAPAN RAIL PASS)」がJRグループ各社から発行されています。

河口湖の民泊投資がオススメな理由

河口湖の古民家民泊が人気

河口湖周辺では、インバウンド需要の高まりとともに宿泊施設も増加しているのですが、なかでも大家族で旅行する外国人観光客にとってはホテルの複数の部屋を利用するより費用を抑えられるため、民泊人気は堅調です。
日本人観光客の間でも、シェアリングエコノミーの普及とともに若い世代を中心に民泊を上手に利用する旅行者が増えつつあります。

河口湖周辺には空き家となって利用されていない古民家が多く残されており、なかにはリノベーションして宿泊施設に転用できそうな物件もあります。
日本の伝統文化を身近に感じたい訪日外国人にとって、古民家民泊はとても魅力的で高い関心を集めています。

まとめ

旅行において、宿泊施設は大きな楽しみのひとつです。
古民家民泊のように特徴ある施設は、口コミで利用者の裾野が広がっていくうえ、リピーターが多いのも集客力が高い理由です。
集客力の高さは、投資する側にとっては利回りに反映され、確実な利益を得られる魅力的な投資物件と考えられます。

人口の多い都市エリアに良質の投資物件がなかなか出回らなくなったいま、人気の高い観光地での民泊不動産投資はこれからの投資の魅力的な選択肢のひとつとなるでしょう。

河口湖の物件を扱ったCOLEAD商品はこちら

タイトルとURLをコピーしました