コラム

資産運用

資産運用はいくらから始められる?少額から資産運用を始めるための基礎知識

作成日:2019.11.28

少し前から、副業を公認する会社が増えてきています。会社の給料以外の収入源があれば、生活にも余裕が出てきますし、給料が下がったり、失職した時の支えにもなってくれます。 また副業が軌道にのれば、ワークライフバランスの見直しができ、ライフデザインを拡げることも可能になるでしょう。 しかし副業するほど時間がない、何をすれば良いかわからないという方もいるかもしれません。
資産運用

インフレリスクとは?攻めの投資だけじゃない守りの投資

作成日:2019.11.14

皆さんは「投資」という言葉に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか? 多くの方は「お金を殖やすために行うもの」「今より豊かな生活を目指すために行うもの」というような、現状+αを目指す「攻めの投資」をイメージされているのではないかと思います。 もちろんそれも正解の一つではあるのですが、投資にはもう一つ、「今の生活水準を維持するために行うもの」という「守り」の側面がある事はご存知でしょうか? 今回は、投資なんかしなくても大丈夫、自分には縁がないと思っている方に「守りの投資」についてお伝えしたいと思います。
その他

まだやってないの?年末までに間に合わせたい今年のふるさと納税!

作成日:2019.10.31

「ふるさと納税」という言葉を聞いたことがある方は多いかと思いますが、まだまだ利用されたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、そんなふるさと納税初心者の方向けに、ふるさと納税のメリットや注意点をお伝えしたいと思います。
不動産投資

不動産投資を始める時に知っておくべき8つのリスクと対策について

作成日:2019.10.17

不動産投資は「不労所得」が得られ、株やFXのような投資資金を一瞬で失うような高いリスクが無いと言われています。確かにしっかりと計画的におこなわれている不動産投資なら不労所得が期待できますし、リスクを最小限に抑えることも可能です。
不動産投資

盛り上がりをみせる「民泊ビジネス」は儲かるのか?現状とこれからについて

作成日:2019.10.03

日本では、「民泊」について法律上明確な定義となるものはありません。 海外では「ホームシェアリング」「バケーションレンタル」などが以前から普及していましたが、日本でも2008年頃から、Airbnb(エアビーアンドビー)のようなネットの仲介サービスを利用し、国内外の旅行者に個人の家の一部の部屋や投資用マンションを有償で貸し出すビジネスモデルが広がり、その宿泊サービスを「民泊」と呼んでいます。
不動産投資

外国人観光客に人気の「河口湖」が民泊不動産投資にオススメな理由

作成日:2019.09.19

「河口湖」といえば、真っ先に思い浮かぶのが「富士山」という方は多いのではないでしょうか? 外国人に日本の象徴をたずねると「フジサン・テンプラ・ゲイシャ」といまだに言われるほど、富士山は世界的にも有名な日本の名所です。 ここでは、その富士山を望む「河口湖」の魅力と、そこで民泊をするメリットについてお話ししましょう。
不動産投資

アパートとワンルームマンション、一棟マンション投資の違いやそれぞれの特徴とは

作成日:2019.08.22

資産運用や老後の安定資金のための投資として、最近若い世代にも注目されている不動産投資。 代表的なものとしてアパート、ワンルームマンション、一棟マンション投資がありますが、どれに投資すればいいのか判断が難しいところです。 それぞれ何が違うのか、メリット・デメリットなど特徴をご紹介しましょう。
資産運用

投資を”しない人”と”する人”の将来では資産に10倍もの差が出る!?

作成日:2019.07.25

投資はリスクを伴うもの。特に日本では、「投資」という単語そのものに拒否反応を示したり、元本が保証されていないことに不安を感じて投資を敬遠している人がいまだに多いのが現状です。 その反面、ロボアドバイザーの導入、おつり投資・ポイント投資のような気軽にできる投資が登場したことで、投資デビューのタイミング(年齢層)が幅広くなってきている傾向もあります。
資産運用

投資に使う「余裕資金」とは?金額の目安と貯金との関係について

作成日:2019.07.11

投資は、銀行の預金と比べて大きな利益を得られる可能性があるものの、元本が保証されていないために損をすることもあります。 リスクをともなう投資には“余裕資金で”と言われていますが、この余裕資金とは具体的にどういうものなのでしょうか。
不動産小口

不動産特定共同事業には種類がある。任意型と匿名型とは?

作成日:2019.06.27

不動産特定共同事業(不特法事業)に興味を持たれている皆さまの中には、すでにインターネット等でいくつかの商品をご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。 商品によって1万円から始められるものもあれば最低でも500万円必要なものもあれば、運用期間も半年程度で終わるものから10年以上に及ぶものもあるため、どれを選ぼうか迷われる方も多いのではないかと思いますが、そもそも不特法事業にはいくつか種類が存在することはご存知でしょうか? 今回は、その中でも代表的な2つ、「任意組合型」と「匿名組合型」についてその特徴と違いをご説明したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました