コラム

資産運用

投資を”しない人”と”する人”の将来では資産に10倍もの差が出る!?

作成日:2019.07.25

投資はリスクを伴うもの。特に日本では、「投資」という単語そのものに拒否反応を示したり、元本が保証されていないことに不安を感じて投資を敬遠している人がいまだに多いのが現状です。 その反面、ロボアドバイザーの導入、おつり投資・ポイント投資のような気軽にできる投資が登場したことで、投資デビューのタイミング(年齢層)が幅広くなってきている傾向もあります。
資産運用

投資に使う「余裕資金」とは?金額の目安と貯金との関係について

作成日:2019.07.11

投資は、銀行の預金と比べて大きな利益を得られる可能性があるものの、元本が保証されていないために損をすることもあります。 リスクをともなう投資には“余裕資金で”と言われていますが、この余裕資金とは具体的にどういうものなのでしょうか。
不動産小口

不動産特定共同事業には種類がある。任意型と匿名型とは?

作成日:2019.06.27

不動産特定共同事業(不特法事業)に興味を持たれている皆さまの中には、すでにインターネット等でいくつかの商品をご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。 商品によって1万円から始められるものもあれば最低でも500万円必要なものもあれば、運用期間も半年程度で終わるものから10年以上に及ぶものもあるため、どれを選ぼうか迷われる方も多いのではないかと思いますが、そもそも不特法事業にはいくつか種類が存在することはご存知でしょうか? 今回は、その中でも代表的な2つ、「任意組合型」と「匿名組合型」についてその特徴と違いをご説明したいと思います。
不動産小口

結局何が良いところなの?不動産小口化商品のメリットデメリット

作成日:2019.06.03

不動産特定共同事業、不特法事業は不動産投資の一種です。不動産小口化商品とも呼ばれ最近注目を集めていますが、どんなメリット・デメリットがあるかご存知でしょうか? 投資商品のメリット・デメリットを把握しておくことは投資の基本となりますので、この機会に不特法のメリット・デメリットを押さえておきましょう。
不動産小口

不動産小口化投資「COLEAD」の安全性を高める優先劣後システムとは?

作成日:2019.06.03

不動産投資はリスクが大きいというイメージはありませんか?確かにリスクは存在しますが、しっかりと投資先を選べば株や先物取引などと比べて遥かに安定的な投資商品と言われています。 また、不動産小口化投資の中には通常の不動産投資にはない「優先劣後システム」を採用してリスク対策を図っている商品も存在します。 今回のコラムでは、不動産投資における代表的なリスクである「空室リスク」についてと、不動産小口化投資における「優先劣後システム」について説明します。
不動産小口

不特法事業者のココをチェックしよう!

作成日:2019.06.03

前回の記事でほったらかし投資の一つとして紹介した「不動産特定共同事業」。事業者として不動産小口化商品を販売するためには様々な要件をクリアし、不動産特定共同事業許可を受ける必要があります。今回は、不動産特定共同事業者のどのような点をチェックすれば良いのかを確認してみましょう。
資産運用

投資の王道「分散投資」とは?

作成日:2019.06.03

不動産小口化商品COLEADのセミナー内でもお伝えしていますが、 投資をする際は「卵は一つのカゴに盛るな」が原則です。 どういうことか詳しくご説明させていただきます。
資産運用

忙しくてもできる!ほったらかし投資とは?

作成日:2019.06.03

一般的に投資というと、相場を見たり売買の注文を出したりと忙しい方にとっては面倒くさい印象がありますが、一度お金を投資したらあとはほったらかしておくという方法もあります。 「ほったらかし投資」と言える、代表的な投資を4つご紹介します。
不動産小口

50万円から始められる新しいスタイルの不動産投資、不動産特定共同事業とは

作成日:2019.06.03

新たな投資手法として注目を集める不動産特定共同事業。事業許可を取得する企業も年々増加し、4月からは不動産特定共同事業のスキームを利用したクラウドファンディングに関わるガイドラインが新たに策定されるなど、世間からの関心も高まっています。 そんな不動産特定共同事業について、そもそもどういった事業なのか?メリットやデメリットは何なのか?どのような人に適した投資商品なのか?といった内容を簡単にご説明させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました