アイディ株式会社

お客さまの声

30代 独身・男性

転職したばかりで社歴が浅く、不動産投資のために銀行からローンを受けるのは難しいし、手持ちの資金で買えるような不動産だとあまり魅力がないし、どうしようと悩んでいたところ、この商品を紹介されました。少額から始められて良質な不動産に出資ができる...
お客さまの声

30代 既婚・女性

仕事と育児で忙しく、投資や投資の勉強に時間を割くことが難しいため、手間がかからない投資商品を探していました。COLEADに出資した一番のポイントは、一度出資をしたら基本的にお任せで手間いらずなところです。銀行に預けていてもお金が増えない時...
不動産小口

結局何が良いところなの?不動産小口化商品のメリットデメリット

作成日:2019.06.03

不動産特定共同事業、不特法事業は不動産投資の一種です。不動産小口化商品とも呼ばれ最近注目を集めていますが、どんなメリット・デメリットがあるかご存知でしょうか? 投資商品のメリット・デメリットを把握しておくことは投資の基本となりますので、この機会に不特法のメリット・デメリットを押さえておきましょう。
不動産小口

不動産小口化投資「COLEAD」の安全性を高める優先劣後システムとは?

作成日:2019.06.03

不動産投資はリスクが大きいというイメージはありませんか?確かにリスクは存在しますが、しっかりと投資先を選べば株や先物取引などと比べて遥かに安定的な投資商品と言われています。 また、不動産小口化投資の中には通常の不動産投資にはない「優先劣後システム」を採用してリスク対策を図っている商品も存在します。 今回のコラムでは、不動産投資における代表的なリスクである「空室リスク」についてと、不動産小口化投資における「優先劣後システム」について説明します。
不動産小口

不特法事業者のココをチェックしよう!

作成日:2019.06.03

前回の記事でほったらかし投資の一つとして紹介した「不動産特定共同事業」。事業者として不動産小口化商品を販売するためには様々な要件をクリアし、不動産特定共同事業許可を受ける必要があります。今回は、不動産特定共同事業者のどのような点をチェックすれば良いのかを確認してみましょう。
資産運用

投資の王道「分散投資」とは?

作成日:2019.06.03

不動産小口化商品COLEADのセミナー内でもお伝えしていますが、 投資をする際は「卵は一つのカゴに盛るな」が原則です。 どういうことか詳しくご説明させていただきます。
資産運用

忙しくてもできる!ほったらかし投資とは?

作成日:2019.06.03

一般的に投資というと、相場を見たり売買の注文を出したりと忙しい方にとっては面倒くさい印象がありますが、一度お金を投資したらあとはほったらかしておくという方法もあります。 「ほったらかし投資」と言える、代表的な投資を4つご紹介します。
不動産小口

50万円から始められる新しいスタイルの不動産投資、不動産特定共同事業とは

作成日:2019.06.03

新たな投資手法として注目を集める不動産特定共同事業。事業許可を取得する企業も年々増加し、4月からは不動産特定共同事業のスキームを利用したクラウドファンディングに関わるガイドラインが新たに策定されるなど、世間からの関心も高まっています。 そんな不動産特定共同事業について、そもそもどういった事業なのか?メリットやデメリットは何なのか?どのような人に適した投資商品なのか?といった内容を簡単にご説明させて頂きます。
運用中

COLEAD2号〈アイディステイ河口湖Ⅲ〉

物件名
アイディステイ河口湖Ⅲ
募集金額
32,000,000円
予定分配利回り
5.0%
予定運用期間
2019年11月1日~2021年10月31日
説明
運用中
運用中

COLEAD1号〈インベスト蒲田38〉

物件名
インベスト蒲田38
募集金額
60,000,000円
予定分配利回り
4.5%
予定運用期間
2019年2月1日~2021年1月31日
説明
運用中
タイトルとURLをコピーしました