30代は資産運用を始めるのに非常に良いタイミングです。資産運用の中でも不動産投資は30代の投資家も多く、サラリーマンにも人気があります。そこでサラリーマンの方を中心に30代から不動産投資を始める場合に是非とも押さえておきたいポイントについてお伝えしていきます。

30代で不動産投資を始めるメリットを理解する


30代は不動産投資を始めるのに早過ぎるということもなく、とても良いタイミングと言えます。30代で不動産投資を始めることには様々な優位性やメリットがあり、それらについて理解しておくことは今後の投資計画を立てる上でとても重要です。

時間的な余裕がある

30代はリタイアするまでに時間的な余裕があるため、それ以降の世代に比べて長期運用となる不動産投資は始めやすいと言えます。特にサラリーマンの方であれば、キャリアを積んで年収も安定してくる頃合いです。また、この世代は投資において多少の失敗をしても勉強ということで割り切って、失敗を取りもどすだけの時間的な余裕もあります。
ただし、リスク許容度には個人差がありますので注意が必要です。

融資を受けやすい

不動産投資では金融機関の不動産投資ローンを利用し、自己資金を抑えてレバレッジを効かせることが投資効率や資金効率を高める上で重要なポイントです。30代は一般的にローン審査に通りやすく、しかも長期の融資を受けやすい点で不動産投資に有利な年代といえるでしょう。

給与以外にインカムゲインが得られる

30代は一般的には仕事も収入も安定してきますが、その一方で近年はリストラや収入減少といったリスクもあります。投資を始めることによるリスクは当然ありますが、不動産投資によって給与収入以外に家賃収入というインカムゲインが得られれば、給与収入が落ち込んだときに立て直すまでの間の大きな支えとなるでしょう。特にローン完済後は、家賃収入は不労所得として長期的に安定収入をもたらすこととなり、万が一リストラや収入減少という状況になった場合でも頼もしい収入源となってくれます。

本業とも両立できる

不動産投資は不動産管理会社に管理を委託することで時間や手間をかけずに家賃収入を得ることができます。もちろん管理手数料は発生しますが、退去者が出た際の入居者募集やメンテナンスなど管理全般について任せることができるので、本業と両立して不動産経営が可能です。実際に不動産投資家には「サラリーマン大家」なる兼業投資家がたくさんいます。

30代で始める場合の注意点や押さえておきたいポイントとは?


次に30代で不動産投資を始める場合の注意点や大切なポイントについて確認していきましょう。

余剰資金で始める

不動産投資ローンを利用できれば、わずかな自己資金でも不動産投資を始めることができます。しかし、それでも投資物件を購入する際の初期費用は掛かりますし、修繕費など突発的に費用が発生することもあります。そうしたことを見越し、不動産投資は自己資金に余裕を持たせておき、余剰資金の範囲で無理なく始めることが大切なポイントです。間違っても不動産投資のために余剰資金を使い果たしてしまい、生活費を切り詰めるといったことがないようにしましょう。

不動産投資をしても問題ないかを就業規定などで確認する

これは30代に限りませんが、不動産投資をする上で本業に何か支障がないかを就業規定などで予め確認しておいた方が無難です。不動産投資は雇用契約を結ぶような副業ではないため、サラリーマンの方はあまり問題になるケースは少ないでしょう。

しかし、公務員の方が一定規模以上の不動産投資を行う場合には注意が必要です。人事院規則では一定規模を超える不動産投資を行う際には人事院の承認または任命権者の許可を要するというルールがあります。もし、承認も許可も無く勝手に人事院規則で定める規模を超えた不動産投資を行っていることが発覚した場合、減給や解雇などの懲戒処分を受ける可能性もあります。
尚、公務員の不動産投資については、以前のコラムでも紹介していますので、参考にしてみてください。
(参考:「公務員でも不動産投資は可能?注意すべきポイントとは?」

長期目線を持ち、目先の利益を追わないことが大切

不動産投資では投資物件の売却時にキャピタルゲインが得られる場合もありますが、よほどのプロでない限り、家賃収入というインカムゲインを狙った投資が一般的となります。株やFXのように短い時間軸でリターンを狙う投資ではありません。そのため不動産投資では目先の利益ではなく、長期の安定した収入を狙って投資プランを立てていくことが大切です。

ライフステージの変化に注意して投資プランを立てる

晩婚化や未婚率が高まっている昨今ですが、一般的に30代は結婚して家族を持ったり、自宅の購入、さらに子供の教育費用負担などライフステージが大きく変化するタイミングです。不動産投資は安定的なインカムゲインが期待できる一方、空室が続いた場合は収入が減少し、最悪の場合ローン返済の負担に耐えられなくなるリスクもあります。余剰資金で投資を始めることの重要性を前述の通りお伝えしましたが、ライフステージの変化も考慮した上で投資計画や資金計画を立てることが大切になってきます。

30代で不動産投資を始める場合の物件選び


30代は20代よりも収入の面で資金的には余裕が出てくることが多いですが、ライフステージの変化も考慮してあまり初期費用が掛からない、リスクの少ない物件選びが大切になってきます。
物件を選ぶ際にはいくつかポイントがありますが、こちらも以前コラムで触れていますので、参考にしてみてください。
(参考:「不動産投資を始めたい!物件探しの方法・コツとは?」

まとめ

今回は30代から不動産投資を始める際に押さえておきたい大切なポイントをまとめてご紹介してきました。ここまでお伝えした内容を参考にして、不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。いきなり不動産投資ローンを利用しての不動産投資は気が引けるという方は、ローン不要でできる小額不動産投資もありますので、まずはそういったところから慣れていくのも良いでしょう。